直行便 搭乗記

北の国から海外旅行

運休から9か月、新千歳空港国際線ターミナルの「今」

国際線ターミナルは「海外旅行の象徴」である。


渡航の際に足を踏み入れたときの、何ともいえない高揚感と、多少の不安。忘れ物をしたことに気付いたときの絶望感と、パスポートあれば何とかなるし・・・という開き直り。


個人差はあれども、海外へ行ったことのある人はみな、国際線ターミナルにそれぞれの思い出がなんやかんやあるのではないでしょうか。


***


さて現在(2020年12月)、海外旅行が事実上不可能な状況はもう半年以上続いています。


年間300万人以上の国際線利用者数を誇る新千歳空港も、2020年3月下旬を最後に、旅客運航は一切運航されていない状況です。


果たしていつ海外旅行できるのか?


世界中でなかなか事態が好転せず、いつ海外旅行へ行けるか予想もできずにモヤモヤするところですが、実は新千歳空港国際線ターミナルビルは開いています。旅客便の運航のない今でも、日中は入ることが可能です。


ということで今回、旅客便はないけどとりあえず国際線ターミナルへ行って、海外に思いを馳せてみようと思います。
IMG_2795.jpg

出発便案内は健在なのだが・・・

JR新千歳空港駅からエスカレーターで国内線ターミナルへ上り、2階連絡通路を5分歩くと、国際線ターミナルに到着します。
IMG_2773.jpg
シーーーンと静まり返っています。なんとなく写真からも伝わってきますね。


たまにアナウンスが流れるか、航空自衛隊の滑走路からエンジン音が聞こえてくるときだけ音がします。まるでどこかの外国のようだった以前の風景が嘘のよう。


中央には、巨大な出発便案内板。
就航地や便名が記載されるも・・・
IMG_2769-2.jpg
全便に「欠航」の文字が。


本当に1便も飛んでいません。もし海外旅行に行きたすぎてどうしようもなくて、とりあえず準備して新千歳空港国際線ターミナルへ行ってみたくなったとしても、やめておいたほうが無難です。


「欠航」の文字が消えて、人々が安心して行き来ができる日が本当に早く来てほしいですね。


***


それでは、国際線ターミナルをぶらぶら歩いてみましょう。まずは、昨年新しく整備されたばかりの出発口です。
IMG_2789.jpg
旅客便が無いので、ゲートどころか、厚そうな扉が閉まったままです。


一定量以上の液体を持ち込めないのを忘れて直前にお茶を買ってしまい絶望したり(そして無理やり全部飲んで気持ち悪くなる)、保安検査場で反応しないか無駄に緊張したり、そんな日々が懐かしいです。

ただただ、広い

出発口を過ぎると、こちらも昨年新しく増築されたC・Dカウンターがあります。
IMG_2786.jpg
本当に広いです。向こう側が霞むくらい広い。ただ、ここは広すぎて、平常時でも人がまばらだった気がしないこともないですが。


もっと増便しても大丈夫なように増築された新千歳空港の国際線ターミナルですが、この空間が手狭に感じるような未来が来ることをぜひ期待したいです。


***


さて、次は2F到着口。
IMG_2780.jpg
海外から来る人々だけでなく、日本から海外へ行く場合もお世話になるWi-Fiレンタルショップが並びます。現在は営業していません。
IMG_2782.jpg
到着口です。またここからたくさんの方が出てくる日が来るといいなぁと願わずにはいられません。
IMG_2784.jpg
ウポポイの巨大パネルも展示中。


今なら、どれだけ時間をかけて読み込んでも、仮にパネルの文字をすべて模写しようとも、ソーシャルディスタンスを完全に確保することが可能です。
IMG_2775.jpg
ターミナル内各所にある椅子付きのテーブルには、感染症予防のための仕切りが新たに設置されていました。


そもそも今このターミナルで密になる方が難しいことはさておき、国際線再開後の感染症予防もバッチリです。
IMG_2776.jpg
コンセント付きで、離着陸する飛行機も見えます。

アミューズメント施設はだいたい営業中

次は「スマイルロード」です。
IMG-2808.jpg
聞きなれない方のために説明すると、この記事冒頭の連絡通路は「2F」のものですが、「3F」連絡通路は「スマイルロード」と称して、バラエティに富んだ施設が軒を連ねています。


どれくらいバラエティに富んでいるかというと、ここ本当に空港かな?と思うレベルだと考えていただければよろしいかと。(施設詳細は以下リンクより)
そもそも新千歳空港のここ本当に空港なの?的なポイントはスマイルロードだけじゃないです。温泉や映画館もあります。本当に意味不明です(褒め言葉)。


***


話が逸れましたが、スマイルロードでは、ほとんどの施設が営業中です。
IMG_2810.jpg
もちろん、万全なコロナ対策を講じています。
IMG_2814.jpg
ざっと見たところでは、「ドラえもんわくわくスカイパーク」と「ハローキティハッピーフライト」それぞれのフリーゾーンがお休み中となっていました。
oyasumi.jpg
営業状況は、その時々で変更となる可能性があるので、どうしても行きたい場所がある場合は事前に確認することをオススメします。


***


さて、最後に国内線ターミナルの様子も見てみましょう。一時期と比べたら人は多いものの、ソーシャルなディスタンスは十分にあります。
IMG_2759.jpg
こちらもスマイルロード同様、お店や各展示施設は基本的に営業しています。


子供はもちろん、大人も楽しめる「大空ミュージアム」や、
IMG_2800.jpg
子供はともかく、大人は確実に楽しめる「ヒストリーミュージアム」も営業中です。
IMG_2802.jpg
何より、空港といえば飛行機!冬は外の展望デッキは閉鎖されますが、フードコートからはばっちり飛行機が拝めます。


発着陸から、貨物の搭降載やプッシュバック(飛行機を滑走路まで押し出す作業)、給油まで、心ゆくまで見学が可能です!
IMG_2798.jpg
ということで、今は海外旅行へ行けるようになる日をひたすら待つしかないですが、この機会に空港で遊ぶのはいかがでしょうか。


お越しの際は、新北海道スタイルを忘れずに!
shinhokkaido.jpg
***


また、写真撮影当日は、チャイナエアラインと香港航空の貨物専用便が運航していました。いつか旅行で乗れる日を楽しみに待ちたいところです。
2ki.jpg
公式SNS
HOKKAIDO LOVE!
新千歳空港の取組
新千歳空港
SNSバナー
旭川空港
函館空港
きたぴょんバナー上